オルソケラトロジー

手術でなく角膜形状を変化させる特殊なコンタクトレンズを装用することで視力を回復させる治療法。

寝ている間に専用のコンタクトを装着することで角膜を適正な状態に矯正し、はずした後、視力が回復した状態になります。
装着をやめると視力は元に戻ります。仮性近視の方や、成長過程の子どもの視力回復に、特に効果があります。



posted by レーシック | あ行

オートレフラクトメーター

近視や遠視、乱視などの程度を正確かつ客観的に測定できる装置。

posted by レーシック | あ行

円錐角膜(えんすいかくまく)

角膜の中央が薄くかつ前方へ突出してくるめずらしい病気。
この角膜変形により、円錐状に突出した角膜を通して物を見るため、見え方に歪みが生じ視力が低下してしまいます。

レーシックは角膜の中央部を薄くけずってフラップを作った後、さらに内部をけずるため、この病気の方はレーシックを受けることはできません。

posted by レーシック | あ行

エピセリームイングロース

レーシック手術中フラップをもどす際に、角膜上皮細胞がフラップの下に入りこみそこで成長してしまう状態。

フラップの洗浄不足が原因とされ、角膜の周辺部が白っぽくなったり、フラップに混濁が生じたりします。

posted by レーシック | あ行

遠視(えんし)

目に入る光が適切に屈折せず像の焦点が合わなくなる屈折異常の一種。

近視とは逆に焦点が網膜の後ろで合ってしまうため、近くのものが見えにくくなります。
遺伝や生まれ持った体質によるところが大きいと言われています。

posted by レーシック | あ行

エピケラトーム

エピレーシックで使用される、フラップ作成専用の医療器具。

レーシックで使われる従来のマイクロケラトームに代わるもので、より薄いフラップを作ることができます。

posted by レーシック | あ行

エピレーシック

フラップをエピケラトームで作るレーシック手術の一つ。

従来のレーシックより薄いフラップを作ることが可能で、フラップの回復力も高く角膜の薄い方や激しい運動をする方に適しています。
術後は数日間、保護用コンタクトを装用します。 

posted by レーシック | あ行

エキシマレーザー

生体組織に熱変性(やけど)をほとんど起こすことなく正確に切開・切除ができる特殊な高エネルギーの医療用レーザー。

レーザーといっても、熱を発するものではなく、衝撃波がないため、熱に弱い角膜組織に悪影響を与えることなく角膜の一部分を正確に必要なだけ除去することができます。

したがってエキシマレーザーを使ったレーシック手術は痛みがほとんどなく、視力回復が早いという特徴があります。

アメリカでは、1995年FDA(米国食品医薬品局)によって、日本では2000年1月に厚生省(現・厚生労働省)によって認可されてる装置です。

posted by レーシック | あ行

ウォッシュボードエフェクト

フラップを作成する際、フラップの切除面が洗濯板(ウォッシュボード)のように波状形になってしまうこと。

posted by レーシック | あ行

ウェーブフロントスキャン

ウェーブフロントアナライザーに搭載されている、角膜の小さなゆがみからくるピントのズレ(=収差)を検出機能です。

posted by レーシック | あ行

ウェーブフロントアナライザー

ウェーブフロントレーシックにおいて使用される、角膜や水晶体のゆがみ(収差)を解析するための装置。

posted by レーシック | あ行

インフォームドコンセント

医師や看護婦さんなどから検査や治療についていろいろと十分に説明を受けて、疑問点などを解消し、心から納得してその検査なり治療を受けることに同意すること

posted by レーシック | あ行

イントラレースFSレーザー

刃物ではなくレーザー光線で角膜上皮を切開してフラップをつくるイントラレーシック用のレーザー装置。
フラップ作成の手順をコンピュータでコントロールするため、細かな設定が可能で、従来のマイクロケラトームよりも薄いフラップを作ることができます。 

posted by レーシック | あ行

イントラレース社

イントラレースFS2レーザーの製造会社

posted by レーシック | あ行

ウェーブフロントレーシック

レーシック手術前に、眼のわずかなピントのズレ(=収差)を解析し手術をコンピュータ制御で手術を行うことで、より精度の高い視力矯正が行える手術です。

エキシマレーザーの矯正精度がさらに高められ、見え方の質の向上が期待できます。

posted by レーシック | あ行

イントラレーシック

イントラレースFSレーザーでフラップを作成するレーシック手術の一つ。
金属刃でなくレーザーを使うため、ノーブレードレーシックとも呼ばれます。

コンピュータ制御でフラップが作成できるため、従来のレーシックでは、角膜の薄さやカーブの形により、施術が困難だった方にも対応できます。
レーザーで角膜上皮の柔らかい部分を垂直に切開した後、下の硬い層からはがすようにしてフラップを作ります。 

posted by レーシック | あ行

一括照射方式

エキシマレーザーの照射方法の一つで、7つの円形照射ビームが直径を変化させつつその位置を回転しながら入れ替わって照射します。これにより、広い面をムラなく一気に照射することができます。

posted by レーシック | あ行

アレルギー性結膜炎

外部から体に侵入してくる異物に反応して起こるアレルギー反応が、目の結膜に炎症という形で現れるのがアレルギー結膜炎です。

症状としては、目にかゆみを感じるようになります。人体の中でアレルギー反応が起こりやすい部分は、目や鼻、喉、消火器、皮膚が挙げられますが、中でも目は特にアレルギー反応を起こしやすい部位です。コンタクトレンズを多用する人は、手から目に移る細菌防止のために、よく消毒する、手を洗うなどの処置をしましょう。

posted by レーシック | あ行

アイトラッキングシステム

手術中に、眼球の動きを追いかけて安全に手術を行うためのセンサー(=アイトラッカー)を搭載したシステム。
検出できないほどの大きな動きが起こったときは、手術機器を自動的に停止させるので安全な手術が可能です。

posted by レーシック | あ行

アイトラッカー

レーシックの手術等で、レーザー照射中に自動的に眼球の動きを追いかけるしくみのこと。

レーシック手術中に多少眼球が動いても、アイトラッカーのお陰で正確に角膜の中心にレーザーを照射することができます。アイトラッキング、オートトラッキングともいいます。

posted by レーシック | あ行

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。