チン氏帯(チン小帯)

チン氏帯(毛様小帯)は毛様体と水晶体の間を結び水晶体を支えるはたらきをしています。
また,毛様体の節肉(毛様体筋)と協力して,遠くや近くを見るときに水晶体の厚さを変えるはたらき(調節作用)をしています。

・遠くのものを見るとき
毛様体筋がゆるんでチン氏帯がひっぱられレンズをひらたくします。

・近くのものを見るとき
毛様体筋がちぢみ,チン氏帯がゆるんでレンズはまるみと厚みをもち,屈折力を増します。



レーシックを体験した質問にお答えします。説明会
レーシックへの不安は、一人で悩むより体験者や専門医に直接確認する方がすっきりさっぱりします!
無料説明会に参加して不安・疑問を解消しませんか?
posted by レーシック | た行
この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。